最新の技術を駆使すれば治せない目の下のたるみは無い

婦人

肌を美しくする皮膚科とは

ウーマン

肌トラブルの解決がメイン

美容皮膚科について、名前はよく見るけれど、具体的にどういうものなのかは意外と知らないという人も多いようです。普通の皮膚科の場合は、皮膚病の治療、あるいはほくろやイボなどの除去が中心ですが、美容皮膚科の場合は、美容に詳しいスタッフによって、肌のトラブルを解決し、美肌に導くことが主な目的となっています。このため、美容クリニックと呼ばれることもあります。美容皮膚科で主に行われるのは、ボトックスやヒアルロン酸注射によるしわの改善、メスを使わないリフトアップ、美容点滴、レーザーによるシミの治療や、ピーリングとレーザーによるニキビ跡の治療などです。またクリニックによっては、女性の薄毛や抜け毛を治療してくれる所もあります。

美容外科とどう違うのか

ところでこの美容皮膚科は、美容外科とはどのように違うのでしょうか。美容外科の場合は整形手術が中心になるので、メスを使う治療が多いということです。対して美容皮膚科は、メスをほとんど使わないクリニックが多く、リフトアップの治療であってもメスでなく、糸を使って行います。ですから体への負担が少なく、日帰りでできる治療がほとんどです。しかし美容皮膚科も美容外科と同様、いわゆる審美系の治療であるため、基本的に健康保険が適用されません。ですから部位や治療方法にもよりますが、費用は多めにかかるものと考えておきましょう。また保険が適用されない場合は、自由診療といって、同じ施術でもクリニックによって料金設定が違うので、自分の予算に合ったクリニックに通うのもお勧めです。